馬券の買い方研究室

ベストな馬券の買い方は、レースによって異なります。プラスになる馬券の買い方を皆さまの力をお借りしながら研究していきます。

宝塚記念/上半期備忘録

宝塚記念

宝塚記念は見ごたえのあるレースでした。まさかの福永シュヴァルグランの逃げ、デムーロサトノクラウンの駆け引き、淀みないペースを前で受け、4着に粘ったルメールシャケトラ、内を突いて2着に持ってきたノリさんゴールドアクター

キタサンブラックと武さんにやられっぱなしではいかない他の騎手たちの意地を感じられたレースでした。

サトノクラウンおめでとう。さすがハイランドリールに勝った馬。

馬券は惨敗です。PATの全額なけなしの1,200円をBET。キタサンブラックを外したワイドで、シュヴァルグランから流しました。

見ごたえのあるレースに対しての“観戦料”と思えば安いもの、という精一杯の強がりをいうほかありません。

 

上半期備忘録

上半期は回収率94%、的中率15%でした。4月までは回収率20%台的中率も一桁で死んでいましたが、5月以降はNHKマイルの3連複などで挽回できました。

ダビフレ(ダービーフレンズ)という競馬予想SNSに参加しています。そこではJRAの重賞(と地方・海外G1)を予想して投稿できます。5頭まで印をつけられるのですが、もしその5頭を馬連BOXで買っていた場合の収支を計算しました。

しかしこれは結構タラレバな数字です。
実際の馬券とダビフレへの投稿がやや異なることもあるからです。

一点100円として、5頭BOXなので1R1,000円ですね。

ダビフレに54R予想を投稿しており、投資は54,000円。

回収は71,720円、回収率は132.81%です。

的中レースは22R(内、ガミ7)で的中率は40%ちょいでした。

実際の買い方はまだまだ見直す余地があるといえそうです。

上半期に買った馬券の券種の内訳と回収率をみると、多い順からワイド(29R、65%)、3連複(19R、110%)、馬連(11R、123%)、馬単(5R、0%)3連単(4R、0%)複勝(2R、111%)という順番でした。

自分が得意と認識しているワイドが投資額が多く、そして的中率が低いです。認識を改めないと下半期も変わらないと感じています。

下半期はガミを恐れず馬連中心にする方向性がベストなのでしょう。3連複は回収できてはいますが馬連で2頭を当てるほうが難度は低いでしょう。

蛇足

ダビフレのIDは1912689923です。よろしければ友達になってください。