馬券の買い方研究室

ベストな馬券の買い方は、レースによって異なります。プラスになる馬券の買い方を皆さまの力をお借りしながら研究していきます。

エプソムカップを考える。その1

東京競馬場での連続G1も終わり、宝塚記念までやや落ち着く感じでありましょうか。

しかし新馬戦も始まり、若駒に興味がある方や夏競馬が得意な方にとってはいい季節がやってきましたね。

夏競馬は苦手すぎるので、毎週だらだら買わずにいかに見していくか、自分との戦いになりそうです。

今週は、6/11に行われるエプソムカップについて考察します。

 

エプソムカップ 過去10年 配当傾向 | 競馬予想DBによりますと、

①1-3番人気のうち1頭以上が馬券になる確率は連対、3着以内ともに100%です。

②1-5番人気のうち2頭以上が馬券になる確率は連対が90%、3着以内は100%です。

③1-5番人気のうち3頭以上が馬券になる確率は30%です。

比較をすると、前週の開催となる安田記念は①の連対が80%、3着以内は90%。②の連対が50%、3着以内は60%で、③は0%です(注:今年の結果は反映されていません)。

直近行われた芝のG3新潟大賞典は、①の連対が70%、3着以内は80%です。②の連対が30%、3着以内は60%で、③は10%です。

やはり別定戦なので、ハンデG3である新潟大賞典にくらべると堅い決着になりそうです。が、もちろん過去のデータに過ぎないので、メンバーとオッズを見ながら買い方も考えることになりそうです。

上位人気も全く読めません。とりあえず昨年2着のフルーキーはまだ人気になるのかな?程度しかわかりません。

外過ぎなければヒストリカルから買いたいのですが、データ上ではヒストリカルと上位人気馬をうまく絡めることが的中への道になりそうですね。

出走馬も決まっていないので、今回はこの辺りまでにします。