馬券の買い方研究室

ベストな馬券の買い方は、レースによって異なります。プラスになる馬券の買い方を研究していきます。

当ブログのコンセプト

・買うのはOPと重賞のみ

・豆券(1点100円)でプラス収支を目指す

・買い目は3連複中心

穴を買わなくても、本命に厚く張る資金がない人でもプラス収支になるということを証明したいです。

 

【番外編】23区内最安!?400円でサウナに入ろう※

23区内で安くサウナに入れるといって思いつくのが鶯谷の萩の湯ですが

(平日は580円、タオル付きで650円、朝6時から9時は更に安く460円でサウナに入れる)

萩の湯をさらにコスパで上回る400円でサウナに入れる施設に出合ってしまった。

もしかしたら23区内最安なのでは。※ただし注意事項あり

注意事項は、シャンプー類が使用禁止というルールがあることである。その1点さえ許すことができれば、コスパは最高といえるのではないだろうか。

 

その施設とは、池袋駅北口から徒歩約8分の立地にある池袋スポーツセンター だ。

 

公営ジムにあるサウナである(注:男性用は、男子更衣室内にあることは確認しています。女性は不明です。)。そして、ホームページになんとサウナがあるという記載がない。サウナー的には穴場という感じもする。

料金は、2時間で400円。

温度は約90℃、BGMはジムでかかってそうなノリノリの洋楽。テレビなし。収容人数8人程度。

水風呂はないがシャワーはあるので、サウナと冷水シャワーでひたすら交互浴もよし、ジムで少し汗を流してからサウナと冷水シャワーのローテもよいでしょう。ドライヤーも無料です。区営施設の規則でシャンプー類を使えないことを差し引けば文句なしの環境ともいえる。23区広しといえども、他に400円で入れるサウナは江東区スポーツ会館のサウナ室ぐらいしか見当たらなかった。どうやら公営ジムはほぼほぼシャワーのみで、区営では墨田区総合体育館の温浴施設も珍しいレベルではなかろうか。

もちろんサウナだけに入りに行くのもありですが(更衣室とトレーニング室は離れているので、更衣室入って即サウナに向かっても何も言われないです)、運動後のサウナというのも一興では!?

池袋駅も近く、サウナ後飲みに行こうと思えばすぐ行くこともできる立地の長もあり。一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

haginoyu.jp

 

 

 

ここまでの回収率

はたして年末までに100%を超えられるのか!?

f:id:mrescape:20171113215021j:image

エリザベス女王杯、福島記念

エリザベス女王杯

ミッキークイーンヴィブロスリスグラシューのワイドBOX

 

福島記念

ケイティープライドとサンマルティンの三連複二頭軸総流し

 

上記は買うなら最低限買う予定

 

アルゼンチン共和国杯ファーストインプレッション

1.セダブリ とりあえず買っときたい

2.マイネルサージュ 消し

3.デニム 三連系のひもなら

4.スワーヴ 買いたくないけどデムーロに逆らうのは

5.トウシン 消し

6.プレストウィック 本命候補

7.ソールインパクト 三連系のひもなら

8.カレン 消し

9.シホウ 単勝100倍ぐらいなら抑えたい

10.サラトガ 消し

11.アルバート 重いと思うなー、ひもなら

12.トルークマクト 消し

13.ハッピーモーメント 角居さんで来るのはこっちかな

14.レコンダイト 左回り良績だから抑えたい

15.ヒットザターゲット 消し。内枠なら抑えたかも

16.カムフィー 変な気を起こせばヒモに入れてしまいそう

 

消せたのは8頭…

 

戸崎圭太さんに対する考えを改めた

リーディング2位ぐらいの戸崎圭太さん。3年連続リーディングぐらいの戸崎圭太さん。すごいね。それは認めざるを得ない。

ですが、あなたも戸崎圭太さんに過剰な期待を抱いていませんか?例えば、重賞で本命にするとか。

戸崎圭太さんがよく言われてるのが、GⅠで乗り馬いなくてローカルで乗ってたら空き巣、リーディングなら勝負しに来い、GⅠやってる競馬場で乗れといった言説。

それもごもっとも。しかし「GⅠも未勝利も同じ一勝」と公言されている戸崎圭太さんには届かないだろう。

では、自分の認識を改めるしかない。

こないだ「戸崎は中舘化した」という論を見かけた。これには膝を打った。

 

戸崎圭太さんは、中舘の強化版なのだ(ジェンティルドンナの頃は違ったと思う、とフォローも入れておく)。

中舘、とは中舘英二(現調教師)のことである。念のため説明しておくと、年間100勝以上達成が5回、通算1800勝以上の名騎手なのだ。しかし、勝利数に対する重賞やGⅠ勝利の割合が少なく、そこを批判されることもあった騎手だ。

 

大舞台を諦めてどのようにモチベーション保つのか、との問いに対しては、「確かにGIと未勝利戦での喜びの大きさは違うのかも知れないけど、どんなレースでもひとつ勝つと凄く嬉しいんです。乗り役は、1着でゴールを過ぎてから馬を止めるまでの間に、なんともいえない充実感にひたることができるんです」と語っている[8]。

中舘英二現調教師のWikipediaより。

同じような名言を数行上でも見かけたと思う(アレッ、戸崎圭太さんよりマシだな)。

それを思えば、こないだリーディングのライバルルメールと東京で相対して6勝されても(中舘化してしまった戸崎圭太さんなら)仕方ないかとなる。菊花賞もよく乗りに来たね!えらいね〜!!秋天は藤原厩舎か、さすが名門ともコネある中舘さん、もう無事に回ってくるだけでオッケーだよ!!!

と、考えられるようになった。

 

そして、オークス戸崎圭太さん騎乗の馬(名前は忘れた、逃げたのでスローなら残るんじゃね?と淡い期待を抱いたが6着ぐらい)を本命にしてしまった自分を恥じた。

 

天皇賞回顧/人はなぜガミるのか

天皇賞回顧。

武さんが神だった。それに尽きる。いいレースを見させて頂いた。

ネオリアリズムサトノクラウンからワイドで流して、回収率85%というガミりでした。買い方が…

しかし、ネオリアリズムが本命だったのでサトノクラウンは保険だったというのも一応理由だ。

そして、この時点では絞りきれてないけど秋天枠順確定、第一印象 - 馬券の買い方研究室

結局ここで本命サイドと評価した二頭とヒモ上位とした一頭で決まってしまった。

やはりあれこれ考えるのは下手の考え〜なんだろうか。

 
なぜガミるのか 

人というか私自身ですが。

 

天皇賞。もっとも「的中」しているレースであり、もっともガミっているレースである。

一番人気からヒモ荒れを狙う。

これが正攻法のはずなのに今回もガミった。

それはその正攻法を思い出すというフローをやらなかったことが一番大きい。

それから計算かな。時に合成オッズを考えないで買ってしまう。

傾向、対策を振り返り、合成オッズを考えること。